自宅で飼育できるクラゲ種類を紹介!かわいいクラゲで癒されよう

水中をふわふわ泳ぐクラゲは見ているだけで癒されます。そんな癒しのクラゲは家でも飼うことができます。
家で毎日かわいいクラゲを見ることができたら早く家に帰ってきてお世話したくなること間違いありません!自宅で買いやすい種類のクラゲや水槽での飼育の仕方を解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

淡水、海水フグの飼い方を紹介!飼育に必要な道具や注意点も解説

見た目にもとても可愛らしいフグ。フグにはみんな毒があると勘違いしていませんか。淡水のフグには毒がない...

淡水フグとの混泳に向いている生き物。淡水フグ飼育方法と注意点

可愛らしい泳ぎ方で見ていて飽きない淡水フグ。しかし、気性の荒さから混泳が難しい魚でもあります。基本的...

スポンサーリンク

クラゲって不思議!その生態は…かわいい裏に隠された秘密

クラゲの種類

クラゲは世界で3000種類以上とされています。

そんななかでも飼いやすいとされている種類は数種類。他の種類は飼育が難しい上に毒をもっているクラゲも多くいて見た目のかわいらしさや美しさに比べて危険な生態も持ち合わせているのです。

クラゲの生態

クラゲは意思をもって海を泳いでいる訳ではなく、ただ水流に身を任せているだけの刺胞動物です。
刺胞動物には、サンゴやイソギンチャクもいて心臓や脳が無く、血も流れていないのです。その代わりに、神経が体全体に伸びていて神経の反射のみで行動しています。
また、自分のコピーを作り出し単体で増えていく無性生殖や、二体でのDNA交換を行う有性生殖をおこなうことで増えていくことも可能です。

また、クラゲはプランクトンの一種とされいます。そして、他のプランクトンを食べて成長します。
卵から生まれ、クラゲの姿とは異なる状態から成長し、小さなクラゲの状態へと成長していきます。

かわいいクラゲの自宅で飼育可能な種類は!初心者が飼育しやすいクラゲ

クラゲの飼育の準備

クラゲを自宅で飼う場合には飼育に適した水槽環境が必要になります。
水槽は立ち上げから状態維持までで5~7万円ほどかかります。
クラゲは意思を持って泳いでいる訳ではなく水流に乗って漂っているだけなのでポンプなどで水を吸い上げている機材と一緒にしてしまうとそのまま吸い込まれてしまいます。
そうならないためにクラゲ専用の水槽が必要になります。
また、海水や淡水で変えるクラゲや、温度の違いなども飼う種類によっては異なるので買う前にどのクラゲを飼うか決めておくことが大事です。

飼育しやすいクラゲの種類

  1. ミズクラゲがクラゲの中では一番飼育しやすく、インテリアとしても活用できます。
  2. タコクラゲは見た目もかわいいですし飼育しやすく女性に人気があります。
  3. サカサクラゲは笠が下を向いたように見えるクラゲで、水中に沈んだままのクラゲです水に流されることはなく下に沈んだままです。

クラゲを実際に飼育してみる!育てやすい種類で選ぶか、かわいい種類にするか迷った時は

クラゲの飼育に必要な道具やアイテム

クラゲは海水で育てるものが多く、市販されているクラゲ用の水、人工海水を使用する方がよいでしょう。

他にも、自分で海から汲んできた海水を使用する方法もありますが匂いが気になる場合があります。自分で海水を作ることもできますが初心者の場合海水の作り方が上手くいかないとクラゲが全滅してしまう可能性もあるので市販のものの使用をおすすめします。

クラゲのエサはプランクトンかブラインシュリンプを使用しましょう。プランクトンの場合にはクラゲフードが最適です。

クラゲを飼育するためには綺麗な海水が必要になります。そのまま海水を使用し続けると海水は汚れていってしまいますから、ろ過装置が必要になります。
ろ過装置と水槽がセットになっているものがありますので迷ったらまずはセットのものを用意するようにしましょう。

クラゲの飼育方法

水槽や市販の海水、ヒーターを用意したら水槽の環境作りをしましょう。
クラゲは水槽やクラゲ同士がぶつかると衝撃で傷が付いてしまいます。上手くポンプの水流を調整する必要があります。
水流の強さを調整してクラゲが綺麗に回れるようにしましょう。
温度も最適な温度に保ってから最後にクラゲを入れるようにするとクラゲにダメージもなく飼育を開始することができます。

クラゲを飼育する時は、ヒーターは24度前後。(クラゲの適性温度により変化するの注意)
エサは直接与えずに量をみてスポイトでクラゲの近くに入れるようにする。
水替えは週に2回ほどが望ましい。

他の生き物に比べて寿命が短い

クラゲの寿命は1年程とされています。
ですがこれは上手く飼うことができればのはなしです。基本的には数か月で寿命をむかえてしまうので継続して飼い続けることは難しい生きものです。

どのクラゲを飼うか迷ったら

クラゲは珍しい種類やかわいい種類などは高価な場合も多いです。見た目にかわいいクラゲを飼う場合には毒性や寿命が短いことからあまりおススメできません。

クラゲを飼うために折角高いお金を払って環境を整えたのにすぐに寿命を迎えてしまってはもったいないので、安い金額で飼育できて毒性がない育てやすいクラゲを選ぶほうがよいでしょう。

クラゲを飼育できない時は画像で楽しむ!癒されるかわいい種類を紹介

クラゲを飼うことが難しい場合にはインターネットなどでもクラゲの画像を楽しむことができます。
実際に動いている動画などもありますし、画像を見るだけでも十分癒されるでしょう。

  • かわいいクラゲ
    ミズクラゲ、オワンクラゲ、カラージェリーフィッシュ、ハナガサクラゲ、タコクラゲなど。
  • 綺麗なクラゲ
    カツオノエボシ、パープルストライプドジェリー、ブルージェリーフィッシュ、ギンガクラゲなど。
  • 面白クラゲ
    ディプルマリス・アンテークティカ、アトラ・ジェリーフィッシュ、クロッソタ、フライド・エッグ・ジェリーフィッシュなど。
名前を検索すれば沢山のクラゲの画像が出てきます。
お気に入りのクラゲを見つけて画像を見て癒されてみて下さいね。

水族館にもかわいい種類やキレイな種類が沢山!クラゲは本物を見て楽しむ

クラゲを画像で楽しむだけでなく、直接見て楽しむのもおすすめです。
直接見るとクラゲの細部まで見えますし、色や透け具合動きまで観察できます。かわいい動きや美しさも画像からではなく目で楽しむことができるので水族館を訪れてみましょう。

水族館は展示されているクラゲの種類も豊富ですし、お気に入りのクラゲを見つけるのにもってこいです。