「活性炭の使い方」水槽にそのまま入れるより効果的な方法

水槽の黄ばみなどを吸着してくれる活性炭はそのまま水槽に投入するよりも効果的に効力を発揮させる方法があります。水槽内の着色に困っている場合には是非活用してみましょう。また、使用期限があるので長期間の使用ではなく定期的に交換を行って水槽内の環境を整える必要があります。活性炭に変わる代用品や、気になる他の有害物質を吸着するアイテムも紹介します。

関連のおすすめ記事

外部フィルターにはエアレーションを設置。必要な理由と効果を解説

外部フィルターだけを水槽内に設置すると酸素が不足してしまう場合があります。酸欠を解消するためには...

水草や生き物に水カビが!寄生する水カビを撃退する方法

ふわふわと漂う水カビそのうち水槽内の他のものにも生え出し、どんどん勢力を増していってしまいます。...

水槽のエアレーションの効果と必要性。環境を整えたいなら設置

水槽をセットで購入するとエアレーションが一緒になっていることから、水槽で生き物を飼育する時には必要な...

水槽用セパレーターの自作、安くて簡単に作成する方法と必要な道具

水槽内で魚同士を仕切りたい場合に、市販のセパレーターを買うには値段が高い。と感じることがります。市販...

苔の発生時の対処方法。苔の種類と水槽内での除去の仕方と体験談

水槽内に発生する嫌な苔。早めに対処しないで放っておくとあっという間に水槽内に増えていってしまいます。...

水道水に含まれるカルキの除去方法。水槽に影響のない水の作り方

水槽に水を入れる前に絶対に行わなければならないカルキ抜き。水道水にはカルキが含まれていて、水槽内で飼...

水槽に発生する白いコケの正体は 白いコケの種類と発生原因

水槽内の環境が悪化するとコケが発生してしまう場合があります。コケには様々な種類があり、見た目...

ろ過装置のメリットで選ぶなら!快適な水槽環境を整える

水の生き物を飼育するときにどうしても手間がかかるのが水槽の水替えです。水生生物は可愛くて癒されま...

水槽内に入れる石で水質が変わる。石でこだわり水槽レイアウト

水槽内に石を置くと存在感がありとても印象的な水槽を作り出せます。また、石には水質を変える効果もありま...

水槽温度を下げる方法と冷却装置の設置例、エアコンでも冷却可能

水槽の温度は何もしなければ室温と同じ温度にまで上昇します。夏場の室内は水槽内の生き物が生命の危機を感...

水槽内のアンモニア濃度を下げるには硝化菌!アンモニアの危険性

最近水槽から異臭がする...。そう気になり出したら水槽内に危険サインが出ている証拠です。アンモニア濃...

飼育水槽で水耕栽培「植物、野菜栽培が可能」水質浄化効果もあり

水槽飼育を行なっていると悩まされるのが栄養多可な水質と、苔の発生です。これらは、水替えを定期的に...

水槽用ヒーターが故障した時の生き物への影響と対処方法を紹介

水槽用のヒーターの故障は突然起こります。注意していても気が付けば水温がとんでもない温度になってい...

水槽の適切な設置場所を解説!水槽を管理するための基礎知識

インテリアにも最適な水槽はみんなが見える場所に設置したいですよね。しかし、設置場所によっては水槽の中...

水槽のフィルターには良い菌が住んでいる!交換時期と掃除方法

水槽フィルターはすぐに汚れてしまうので掃除しなくてはと気を揉んでいませんか?実はフィルターには良い菌...

活性炭の効果を知って水槽環境を整える!活性炭の吸着の仕組み

活性炭の能力

活性炭には吸着によって水槽内の水の黄ばみや臭いを取り除いてくれる能力があります。水の黄ばみはフィルターでも取り除くことが出来ない他、バクテリアでも分解しきれないので代わりに取り除ける道具が必要になります。

水替えを行うのもよい方法ですが、水槽の水替えを行わなくても黄ばみや臭いを取り除くこと出来るのが活性炭での除去なのです。

活性炭の吸着の仕組み

活性炭には小さな沢山の穴が空いています。水槽内に投入することでバクテリアが分解しきれなかった臭いの元となる汚れや黄ばみの原因となる汚れが小さな穴である気孔に入り込むことで除去される仕組みです。

気孔に汚れが全て詰まると吸着それ以上吸着することが出来ないので活性炭の能力はほぼなくなってしまいます。

注意点

活性炭は汚れの他に、薬浴用に入れた薬なども吸着してしまいます。薬浴する時には必ず活性炭を取り除いてから薬を使用するか、他の水槽で薬浴を行うようにしましょう。
また、活性炭が吸着できるのは水の黄ばみと臭いなどで、アンモニアの吸着はできません。

アンモニアを吸収する為には活性炭ではなくゼオライトを使用するようにしましょう。

水槽内の活性炭の効果的な使い方!そのままよりフィルターに入れる

活性炭の使い方

活性炭はそのまま水槽内に投入しても汚れを吸着してくれます。

しかし、置いた部分付近の汚れを主に吸着していくので効果が表れるのに時間が掛かる場合もあります。
活性炭は小袋に入って販売されている場合や、小袋に入っておらずバラバラの状態で販売されているものもあります。

バラバラになって販売されているものはフィルターに入れて使用する場合が多く、フィルター内に初めから設置している場合には交換に使用することもできます。
使用する前に一度軽くすすぐと活性炭についた粉などを落とすことが出来るので水槽内を粉で汚すことはありません。

活性炭を効果的に使う

活性炭はそのまま水槽内に入れて使用することもできますが、効果的に使用するならフィルターに入れて使用する方が効率よく水槽内の汚れを除去することができます。
フィルターは水槽内の水全てが通り抜ける場所なので、その場所に活性炭を設置するとムラなく水の汚れを吸着することができるのです。

フィルターに活性炭を設置できない場合にはフィルターの吸水位置の近くに置いておくか、水が排水される位置に置いておくと循環した水の通り道になるので効果が上がります。

水槽に入れた活性炭はそのままにせず交換する!交換時期を解説

活性炭には使用期限があります。何度も使用できる印象がありますが、再利用は難しいです。

活性炭を使用していると次第に効果が薄くなっていきます

これは、活性炭に空いている細かい穴に汚れが詰まっていくためです。

使い始めて黄ばみや臭いを除去してから2ヶ月を目安に交換するようにしましょう。

また、それよりも早い時期に効果が薄れてきたと感じた場合にはそのままにせず交換するようにし、水槽内の環境を維持するようにしましょう。

活性炭の代用になるものもある!水槽にそのまま入れて使用するアイテム

活性炭は再利用して水槽に入れることは難しく消耗品です。消耗品にはお金がかかります。もっと経済的な方法は代用になるものを探すことです。
活性炭の効力には劣りますが、同じように汚れを吸着してくれるものがあります。

バーベキュー用の炭なら同じように吸着する効果があるので使用可能

ただし、バーベキュー用の炭は水槽に入れられる大きさではないので細かくする必要があるので手間がかかります。

また、炭には汚れが沢山付着しているので使用前に洗わなくてはなりません。それらの手間を考えてどちらが経済的か考える必要があります。

バーベキュー用の炭の使用方法

  1. 炭を水洗いして汚れを落とす。
  2. 新聞の上などで炭をハンマーで叩く。
  3. 細かくなった炭をネットに入れて紐で縛る。
  4. もう一度水洗いしてから水槽やフィルターに入れて使用する。

活性炭とゼオライトの効果の違いは…ゼオライトを詳しく解説

水槽用に販売されているゼオライトは人工のものが多く、天然のものはあまり見かけません。人工のものも、天然のものも同じように多孔質で活性炭と同じく汚れを吸着して取り除きます。

ゼオライトと活性炭の違い

両者の違いはアンモニアを吸収するかしないかです。

ゼオライトはアンモニアを吸収し、活性炭はアンモニアを吸収しません。

ゼオライトは水槽内の環境が悪化している時に使用することで水質を改善してくれます。
水槽内の環境が安定している場合にはアンモニアの発生も微量で水槽内のバクテリアが分解できる範囲内なのでゼオライトを使用する必要はありません。

臭い除去もできる

ゼオライトは水槽内の臭いも吸着します。また、活性炭よりも臭い除去に優れているため水槽内から臭いが発生している場合には効果があります。

ゼオライトは水槽環境を変えてくれる効果があります。しかし、水槽内の環境はゼオライトを使用している時のみ改善している状況なのでそのままにしておくとゼオライトの効力がなくなりまた環境が悪化してしまいます。水槽内に発生した原因を見つけ出し根本を改善を行う事が大切です。