水道水に含まれるカルキの除去方法。水槽に影響のない水の作り方

水槽に水を入れる前に絶対に行わなければならないカルキ抜き。水道水にはカルキが含まれていて、水槽内で飼育する生き物達にはこのカルキが体調を崩す原因になってしまいます。

安心して生き物が暮らせる水槽を作るためのカルキの手軽な抜き方や薬を使わない方法、カルキが生き物に影響を及ぼす理由などを解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アクアリウムに挑戦。簡単にできる小さい水槽の美景の作り方

アクアリウムに挑戦したいけれど自信がない。そんなときは小さい水槽から始めてみましょう。小さな水槽なら...

金魚の水槽が緑色に!良い緑色の水と悪い水の見分け方と対処法

金魚飼育でよく見かける緑色の水...これは実は良い効果がある水の場合があります。緑になったからといっ...

水草や生き物に水カビが!寄生する水カビを撃退する方法

ふわふわと漂う水カビそのうち水槽内の他のものにも生え出し、どんどん勢力を増していってしまいます。 ...

苔の発生時の対処方法。苔の種類と水槽内での除去の仕方と体験談

水槽内に発生する嫌な苔。早めに対処しないで放っておくとあっという間に水槽内に増えていってしまいます。...

ろ過装置のメリットで選ぶなら!快適な水槽環境を整える

水の生き物を飼育するときにどうしても手間がかかるのが水槽の水替えです。 水生生物は可愛くて癒されま...

水槽のリセット方法。必要な物や作業手順を把握してスムーズに

水槽をリセットするのには手順を頭に入れて作業を行った方が短い時間で終わらせることができます。リセット...

水槽に発生する白いコケの正体は 白いコケの種類と発生原因

水槽内の環境が悪化するとコケが発生してしまう場合があります。 コケには様々な種類があり、見た目...

外部フィルターにはエアレーションを設置。必要な理由と効果を解説

外部フィルターだけを水槽内に設置すると酸素が不足してしまう場合があります。酸欠を解消するためには...

水槽温度を下げる方法と冷却装置の設置例、エアコンでも冷却可能

水槽の温度は何もしなければ室温と同じ温度にまで上昇します。夏場の室内は水槽内の生き物が生命の危機を感...

水槽内のアンモニア濃度を下げるには硝化菌!アンモニアの危険性

最近水槽から異臭がする...。そう気になり出したら水槽内に危険サインが出ている証拠です。アンモニア濃...

水槽バックスクリーンは自作できる!100均アイテムで代用可能

水槽を設置したときに後ろの家の家具が透けてしまい生活感が丸出しに!お洒落な水槽を目指すならバックスク...

ペットボトル水槽で簡単生き物飼育、作り方と立ち上げ、管理の仕方

生き物を飼育したいけれど水槽を用意することが出来なかったり、スペースがない場合にペットボトル水槽でも...

水槽ポンプが出すうるさい音の解消法 音の発生の原因と対策方法

水槽は見ていると癒され心の疲れも取れていきますが、一方で気になるのはポンプの騒音です。振動音がう...

水槽用セパレーターの自作、安くて簡単に作成する方法と必要な道具

水槽内で魚同士を仕切りたい場合に、市販のセパレーターを買うには値段が高い。と感じることがります。市販...

水槽内のアンモニアの発生原因と予防対策、生き物への影響を解説

水槽内にアンモニアが溜まっていくと生き物に影響が出始めます。そのままにしておくと命の危険も生じて...

スポンサーリンク

水道水のカルキの必要性を解説!水槽内で及ぼされる影響

水槽に入れる水のカルキ抜きが必要な理由

塩素は人間なら体に入れても影響はほとんど出ませんが、人間よりももっともっと小さい魚や水槽内の生き物などは水道水に含まれている塩素の量だけでも十分体に影響が及んでしまいます。
少量程度と思っても決して使用しないようにしましょう。

また、水道水に含まれる塩素は水槽内のバクテリアも死滅させるほどの塩素量なので水槽内の掃除を行う場合にはバクテリアを守るためにカルキ抜きした水を使用して掃除するようにするか、水槽内の水を使用して掃除するようにして下さい。バクテリアは水槽内には欠かさせない存在で、有害物質の分解者です。なるべく数を減らさないようにしなければなりません。

手軽な水道水のカルキ抜き方法!時間はかかるが一番手軽な汲み置き

水道水を置いておくだけのカルキ抜き

カルキは空気に触れることで抜けていきます。したがって時間を掛ければ何もしなくてもカルキを抜くことができるのです。水槽に使用する場合、大量に水が必要となるため沢山のバケツを用意したり、水を置いておく場所を確保しなければならず時間が掛からないカルキ抜きを求める人が多いでしょう。その場合には短時間でカルキを抜く方法もあるので実践してみて下さい。

カルキ抜きの方法

汲み置きの場合に気を付けたいのは、汲んだ水の量によってカルキの揮発する時間に差がある事です。1リットルに対しての揮発の時間は20分から30分程度で、これを目安にすると

  • 1リットルで30分程度
  • 2リットルで1時間程度
  • 4リットルで2時間程度
  • 6リットルで3時間程度
  • 8リットルで4時間程度
  • 10リットルで5時間程度

となります。

カルキ抜き時間を短縮したいとき

日光に沢山当たる場所に設置すると更に時間を短縮することができます。また、更に短縮したい場合にはかき混ぜると時間が短くなります。かき混ぜる時間にもよりますが1リットルなら5、6分程度連続してかき混ぜれば塩素は気化されてなくなります。

水道水を煮沸でカルキ抜きするときは時間に注意!長めの煮沸で安全な水へ

煮沸でカルキ抜きする

煮沸消毒という言葉があるように、煮沸すれば水の中の物質を取り除くことができると考える人は多いはずです。しかし、基礎知識がないままに煮沸してカルキを抜こうとすると体によくない物質を発生させてしまいます。
煮沸でカルキを抜く場合には最低でも30分は煮沸を行わなくてはならず手間とお金が掛かってしまいます。また、大量の水替え用の水が必要な場合には数回煮沸を行わなくてはならないことからあまりおすすめできない方法といえます。

30分以内の煮沸での危険性

煮沸時間を短縮させた場合、どんな危険性があるのでしょう。
水道水にはカルキという塩素が含まれて、この塩素を煮沸させると「トリハロメタン」という体によくない物質が発生します。人間が取り込む量としては多少ならほとんど問題ありませんが、魚にや水槽内の生き物にとっては影響が後々出てくる可能性もあります。
30分以上煮沸すれば有害物質であるトリハロメタンも取り除くことができるので中途半端に煮沸するのではなく時間を守って行うようにして下さい。

カルキ抜き剤を使うと水道水のカルキの他にも除去できるものがある

カルキ抜き剤の効果

カルキ抜き剤を使用する方法なら一瞬でカルキを除去することができます。

費用を気にしないのであればカルキ抜き剤を購入して使用するのが最も簡単な方法になります。
カルキ抜き剤の中には、カルキの他に重金属成分の無害化ができたり、白濁りも一緒に除去できる優れたものもあります。
また、魚によい成分も含まれているものなら、魚の表皮を保護してくれる成分やストレス緩和に効果的なビタミンB1が含まれているものもあります。
カルキ抜き以外の効果があるものはその分金額が高くなりますが、他の売効果も得られるので購入を検討する場合には効果も選んでみるとよいでしょう。

カルキ抜き剤の使用量

カルキ抜き剤を使用する場合、リッター量に対して何ミリリットルといったような表記になっていますが、バケツの水が何リッターなのか分からなかったり、カルキ抜き剤の量がどのくらいの量なのかもよくわかならい場合があります。
そして、なんとなくカルキ抜き剤を多めに入れてしまう事もあるでしょう。ですが、よっぽど大量に入れない限りはカルキ抜き剤は生き物に対しては影響はありません。多少多めに入れても心配はありませんのであまり過敏にならずに使用してください。

水道水の不純物をとことん取り除くなら水槽用浄水器を使用する

熱帯魚を飼育する場合や海水飼育を行っている人が使用している頻度が高いのが水槽用浄水器です。

水槽用浄水器は不純物をほとんど取り除く事ができます。リン酸やケイ酸塩、硝酸塩などのコケの元となる成分も水槽用浄水器で取り除く事ができるため、水槽内の水質の安定にも役立ちコケもほとんど発生しません。
コケの発生に悩んでいる場合には検討してもよいかもしれません。

しかし、浄水器ともなると金額は高額になります。また、水道水を浄水して使用するので水道代が掛かります。水替えのときのみ浄水た水を使用するので常に使用している状態ではないですが、稼働させればそれなりにランニングコストが掛かることを頭に入れなくてはなりません。

また、不純物を取り除きすぎて魚に取って必要な成分も失われてしまうので浄水器を使用するならどの程度の成分が水に残るのか、生き物にとって足りない成分を補充するために必要なものなども合わせて勉強しておく必要があるでしょう。